若手職人育成制度

若手職人育成制度タイトルヤマシナ商事では、「職人になりたい人」を応援します。
若手職人育成制度は、まず社員として入社し、技術、知識だけでなく、マナーやITスキル等も勉強しながら多能工を目指します。
7年~10年この支援制度で勉強した後、独立します。独立後は「ヤマシナ協力会のメンバー」として工事を行います。
また、社員としてさらに技術を向上させるプロフェッショナルや、施工管理のマネージャーを目指すなどの選択肢もあります。

DSC_5228平成19年に林君と二人で独立しました。
現在、頑張ったら頑張った分だけ自分に返ってくるので、とてもやりがいを感じています。
職人として独立したばかりの頃は、会社という組織に縛られないという開放感があり、やりやすくなったと思いましたが、反面、不安もあったのは事実です。
ヤマシナでの7年間、社員として仕事のノウハウを学べたのは、今の自分の基礎になっていると思います。
その経験を活かし、これからも信頼される職人を目指し、腕を磨いていきたいと思います。

アヴァンス 吉村さん

DSC_5365
アヴァンス 林さん