U-1グランプリ

U-1グランプリタイトル「U‐1グランプリ」とは、ユニットバス若手職人の施工技術を競い合う大会です。
2008年10月9日、当社にてINAX協賛のもと第1回予選会が開催されました。
内容は、ユニットバスの施工技術を競うものですが、単に技術やスピードだけではなく、礼儀・マナー・掃除など、トータルでの品質を競い合います。
今後は全国大会の開催に向け、準備が進められています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昭和39年、 僕が生まれた年にユニットバスが商品として誕生しました。
そこにはメーカーと職人の「とにかく水漏れをさせてはいけない」という
水への挑戦がありました。
そしてメーカーとの商品開発の努力と職人の技術力の結晶が、
ユニットバスを生んだのです。
それから時代は進化し、商品も改良もされてきました。
ただ、商品がいくら良くなっても、誰もが組み立てられるものではありません。
それを組む職人の技術がともなわなければ・・・

ユニットバス職人の本物の技術継承、それがU-1グランプリの本質です。
そして今、お客様を笑顔にできる若手ユニットバス職人を育てることが僕らの想いです。

このU-1グランプリはスタートしたばかりです。
これから更に進化・発展をさせていかなければなりません。
若手職人の誇りをかけささらに腕を磨き、いずれは首都大会、全国大会と規模を広げ
いずれはユニットバス技術士を国家認定資格に!
と、夢は大きく広がります。ここからが夢へのスタートです。
この取り組みを通じて参加の職人やメーカーのみなさんが圧倒的に輝き、
さらに幸せになれるようこころから願っています。
ヤマシナ商事 代表取締役 山品和宏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
DSC_2450
開会式
大会開催の趣旨とプログラムの説明および参加者の紹介。

DSC_2535
KY活動
鉄筋コンクリート造の現場を想定してのKY活動。
ここから審査は始まっています。

U-1 施工中
施工
二人一組のチームに分かれ、5台のユニットバスが一斉に組み立てられます。

DSC_3354
表彰式
若手職人を育てた功労をたたえ、親方も表彰されました。